本文へスキップ

滋賀県レスリング協会

滋賀県レスリング協会

滋賀県レスリング協会のホームページへようこそ。
当協会は、レスリング競技の普及・強化に取り組んでいます。
今後、更に滋賀県レスリング競技の発展の為に役員一同尽力をいたしますので、応援よろしくお願いいたします。

お知らせtopics

令和元年度


令和元年度の事業計画や強化計画を更新させていただきました。
また歴代記録も更新させていただいています。
新しい元号になり、いよいよ令和時代になりました。
今後もレスリング競技の普及発展に、協会員一同尽力を尽くしていきます。
ご理解ご協力よろしくお願いします。

JOC大会


4月27日~28日に横浜文化体育館で開催されました。
この大会は、世界・アジア選手権代表をかけた予選会も兼ね合わせた大会で、
高校生や大学生が参加しました。
結果は、カデットの部グレコローマンで45kg神吉寛生(日野高校)と
60kg三多見明(日野高校)が準優勝をしました。
ジュニアの部では、フリー61kg小泉民旺(拓大)
グレコローマン130kg奥村総太(拓大)が3位入賞をしました。

全国選抜大会結果


3月27日~29日まで新潟市民体育館で開催されました。
新チーム体制になって最初の全国大会であり、闘いの始まりです。
団体戦は、八幡工業高校が出場し、1回戦で池田高校(徳島)と対戦し、
4対3で敗戦しました。
個人は4名が出場し、全国のレベルは高く入賞することはできませんでした。
現状のレベルでは、全国での活躍は厳しいです。
しかし、高校生は意識や考え方一つで大きな変化と成長をしてくれる
可能性を秘めています。次回のJOCや、その後のインターハイ予選に向けて、
また日々の厳しい練習を行ってくれると思います。
応援よろしくお願いします。

全国高校選抜大会近畿ブロック予選会


1月19日~20日に栗東高校体育館で開催されました。
地元開催ということで、多くの応援をしていただきました。
結果は、団体戦で八幡工業高校が5位入賞し、出場権を獲得しました。
個人戦では、日野高校から2名、八幡工業高校から1名、栗東高校から
1名と厳しい結果が続いています。
しかし、新チームになってまだまだ始まったばかりです。
3月の全国選抜大会や、その後の全国大会で活躍できるよう強化を図っていきます。
応援よろしくお願いします。

全日本選手権


12月20日~23日まで東京駒沢体育館で開催されました。
2018年の最後の大会にして、2020年東京オリンピックに向けて
の予選となる最初の大会です。結果は、グレコ130kg園田新(ALSOK)が
圧勝で、大会5連覇を達成しました。
グレコ82kg岡嶋勇也(警視庁)が、初優勝しました。
岡嶋は、栗東高校出身で当高校から初のチャンピオンになりました。
また女子72kg進藤芽伊(日体大)が3位入賞しました。
東京オリンピックまで残り僅かになりました。
各選手が日々努力しています。当協会も全力でサポートし、
「滋賀から世界へ」をスローガンに事業を行なっていきたいと思います。
来年も、当協会の活動にご理解ご協力よろしくお願いします。

U-23世界選手権


11月12日~18日にルーマニア・ブカレストで開催されました。
フリースタイル97kg園田平(自衛隊)が出場しました。
結果は一回戦敗退で16位という結果でした。
この結果をバネにして12月の全日本選手権での活躍を期待します。

滋賀県レスリング協会

〒527-0086
滋賀県東近江市上平木町290

TEL 0748-25-1774
事務局:角田貴志